晴れときどき涙~さくらのASD育児日記〜

軽度自閉症スペクトラム障害(高機能自閉症)を持つさくらの育児日記風ブログ。特別支援学級にも在籍中。

スポンサーリンク

時間を大事にしていきたいと思う。

今週のお題「二十歳」

 

成人式を迎えた皆さんおめでとうございます。

地元は昨日成人式があったようで、

街をきらびやかな振袖を来て歩く

新成人の方がいました。

もう十年以上前に成人式を迎えたかあちゃん

新成人の方が眩しすぎた。

すっごいキラキラしてました。

さくらもこんなにキラキラした表情で

成人式に出るのかな?

今からワクワクしちゃう!!!

f:id:precious2503:20200113195002j:plain

二十歳は初めてプロポーズされた歳

二十歳で一番印象に残ってるのは

初めてプロポーズされた事かな。

もちろん相手はとうちゃんだよ。

17で出会って18で付き合い始めて

二十歳で初めてプロポーズ。

まぁこの時はお断りしましたよね!!!

まだ二十歳ですよ?まだまだ遊びたい!!

仕事も楽しい!!!

普通に考えて無理です。嫌です!!

断る時はドキドキしたけど

無理なもんは無理でした。

まだまだ・・・子供でいた~い♬

ずっと、トイザらズキッズ♪

大好きなおもちゃに囲まれて~♩

大人になんか~なりたくない♬

トイザらスは関係ないけど

二十歳ですぐ大人って無理だよ。

でも責任は自分で取らなきゃいけない

年齢なので責任取れるような行動を

取りましょう。

二十歳になるまでの時間

まだ6歳のさくら・・・

あと14年あるけどあっという間の

14年になると思う。

たった14年で小学校卒業して、

中学校卒業して

高校も卒業してるんだよ?

もしかして大学・・・ないな・・・

その間に恋人が出来たり

するんだろうか?

かあちゃんが初めてお付き合いした歳は

16だから、あとたった10年で恋人が

出来る可能性もあるし…

もしかして二十歳で結婚してる可能性も

あるかも知れない・・・・

でも、ないと思いたい・・・

かあちゃん泣いちゃうぞ?

って考えると子供と過ごす時間・・・

少なすぎでは?

親子で過ごす時間は少ない

NHKで放送してる「チコちゃんに叱られる

って知ってますか?

以前放送してた「チコっとだけスペシャル・

親子で過ごせる時間」の中で

やってましたが、親子で過ごせる時間って

かなり少ない・・・

母親は約7年6か月

父親は約3年4か月

しかも、幼少期に7割は既に

終わってるらしいです・・・

幼稚園卒園で32%ぐらい。

小学校卒業で半分過ぎます・・・

悲しい・・・寂しい・・・

でも考えてみれば当たり前。

だって小学1年生でもう親より<<<<<<

お友達。

これに習い事や塾?が入れば

ドンドン短くなってくる。

中高生になれば親なんて

「フンッ」って感じになるかも知れない。

悲しい・・・寂しい・・・

時間が少ないからこそ親としての役目

過ごす時間が少ないからこそ子供には

重々躾やルール・マナーを

教えて行きたい。

親の元を離れたら、嫌でも自分で

責任を取ることになる。

自閉症があります!だから許してください!

ってならない。

そしてそんな事はあってはいけない!!

そもそも通用しないだろう。

って考えるとやっぱり時間少ない!!!

小さい時から割と厳しめに躾をしてきた。

自閉症児?関係ない!

駄目なものは駄目だ!

だけど時間が少ないって思うと、

まだまだ躾が足りない気がしてきた。

大人になって、恥ずかしくないように、

恥をかかないように、もっともっと

マナーやルールを教えなきゃ!!

その為には私がもっと学ばなきゃいけない。

時間って無限にあるようでかなり少ない。

もっと一緒の時間を過ごしたい

躾・マナーやルールを教えるのは勿論、

それ以外でももっと親子の、家族の時間を

大事に過ごしたいと思います。

旅行とかも大事かも知れないけど、

一緒にお菓子を作ったり一緒に料理したり、

そういう、日常にある事をもっとして

行きたいな。

一緒にお菓子作ったりとか料理するけど、

やっぱり親がやる方が早いから、

どうしても私がパパッと

終わらしちゃうんですよね…

これはダメだな。

どんなに時間がかかっても、

さくらとの思い出を一つでも増やす為に、

さくら主導で今度お菓子作ってみよう。

たった6年…かあちゃんの願い

生まれてから今までの6年間の
写真と動画を見てました。
たった6年…
でも、全然顔つきが違う。
これが成長ってやつですか?
こうやってたった6年でも成長して、
あと14年で二十歳になって、
いつか親元を離れて行くだろう。
 
さくらが二十歳になるまでには自閉症や、
発達障害、障害者に対しての理解が
今よりももっともっと広がってて欲しい。
 
だけど、世の中そんな甘くない。
実際厳しいだろう。
それは仕方ない。
健常者でも厳しい世の中なんだもん。
障害があるから理解してよ!
って万人に理解して貰う事は無理だし、
理解する事を強要しちゃいけないから。
理解してくれる人もいれば、
理解してくれない人もいる。
 
かあちゃんの願いは、理解してくれない人を
憎んだり、嫌ったりしない人になって
欲しいなぁ。
まぁこれはかあちゃん
育て方次第な気がするけど。

まとめ

割と長文になってしまった。
ごちゃごちゃ書いてますが、
何が言いたいかって言うと、
子供と過ごす時間は短いのに
教えなきゃ行けないこと、
子供とやりたいことがいっぱいで
時間が全く足らないよ!!
時間よ止まれ〜〜!!
 

スポンサーリンク